阪急杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪急杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦です。

比較的荒れやすいこのレース。

今年も個人的には危険な匂いがする人気馬ダイアナヘイローも参戦。

このレースも攻めていきます。

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると決して外枠が絶対不利とも思えない。

ですが6番ゲート以内に好走馬が偏っているのは見逃せません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見るとやはり穴馬も6番ゲート以内に偏っています

 

両データを踏まえて今回の結論は

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

圧倒的に逃げ馬有利です。

そして先行と差しではやや差し馬有利です。

脚質傾向を考えると注目はやはり逃げ馬。

そして近走の傾向から考えると逃げ馬は

 

ダイアナヘイロー

 

この馬ではないでしょうか。

ですがこの馬は人気になると来ない。

そして人気が無いと来るという天邪鬼みたいな馬。

この馬の扱いは非常に難しいです。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の血統表は以下の通りです。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にダイワメジャーorディープインパクト又は父or母父にノーザンダンサー系です。

今回の該当馬は

 

アドマイヤゴッド
エントシャイデン
コウエイタケル
スターオブペルシャ
スマートオーディン
ダイアナヘイロー
トウショウピスト
ミスターメロディ
ヤングマンパワー
リナーテ
リョーノテソーロ
リライアブルエース
ロードクエスト

 

以上13頭です。

かなり多くなってしまい済みません(;^_^A

基本的に血統傾向は大系統で考えていて、大まかな分類なので今回はこのような結果になってしまいました。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

基本的に血統傾向は大系統で区別しているが、掘り下げるとするとノーザンダンサー系の中ではリファール・ダンチヒ・サドラーズウェルズ系が有力

そしてこの馬は母父がダンチヒ系に属する馬である。

ただこの馬の買い要素は鞍上です。

外人騎手不在のこのレースにおいて、鞍上は日本人ではナンバーワン?ジョッキーを確保。

コース的には向いているとは思えないが、鞍上の手腕に期待します。