金鯱賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は金鯱賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~2番ゲート不利と判断しています。

上位人気馬の配置を見ると、まずは1枠1番ダノンプレミアムは絶好枠ではないでしょうか。

枠順傾向では確かに不利と判断しましたが、脚質や距離不安等を考慮するとこの枠は良いと思います。

次いで7枠11番7リスグラシューですが、差しタイプなのでこの馬も内で詰まることのないこの枠はベストでしょう。

逆に7枠10番アルアインは先行馬なのでもう少し内目が理想だったでしょう。

6枠8番エアウインザーは自在タイプなので枠順は特に問題無さそうです。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

6枠8番 エアウインザー(2000円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

本来ならダノンプレミアムです。

ただこの馬の場合、他の有力馬の休み明けとは訳が違う。

ただ配当は惹かれるんですよね。

もしかしたら、この馬がこのオッズで買えるのは今回だけかもしれない。

 

エアウインザーは前回まではその強さを信じてませんでした。

ただ前回の走りは圧巻。

今の勢いなら他のG1馬達が明らかな叩き台なので、チャンス十分です。

複勝向きの馬はこの馬が一番でしょう。

ただデムーロ騎手はペルシアンナイトを選んでしまったが‥なんで?次回乗るから?

不安はそこだけです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

毎日杯やNHKマイルカップで接戦したブラストワンピース・インディチャンプ・パクスアメリカーナ・ダノンスマッシュ等はかなり活躍している。

この馬自身はブラストワンピース以外には全て先着経験あり。

そして今も昇り調子である。

今回はG1馬の影に隠れているが、余裕残しで参戦するG1馬相手なら付け入る隙はあるはず。