菊花賞2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は菊花賞2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

2011年以外は必ず5番人気以下の穴馬が来ています。

そして残りの9回中8回はセントライト記念or神戸新聞杯組が来ています。

狙うならこの路線でしょう。

今回のポイントは

 

① セントライト記念or神戸新聞杯組

② 前走の着順か人気が必ず4着以上or4番人気以上であること

③ ②の条件+前走の着順か人気が必ず5着以下or5番人気以下であること

以上になります。

要は人気がありながら期待を裏切ってしまった馬か低評価にもかかわらず好走した馬が穴馬となりやすいということです。

今回の該当馬は

 

グレイル
ステイフーリッシュ
メイショウテッコン

 

この3頭です。

今回はこの3頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 エタリオウ 3.1
2 ブラストワンピース 3.9
3 エポカドーロ 4.0
4 ジェネラーレウーノ 7.1
5 メイショウテッコン 11.6
6 グレイル 16.1
7 アフリカンゴールド 23.0
8 フィエールマン 23.0
9 グロンディオーズ 26.1
10 ユーキャンスマイル 40.6
11 ステイフーリッシュ 47.1
12 グローリーヴェイズ 74.1
13 オウケンムーン 90.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

菊花賞2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今回騎乗のこの騎手は過去10年で菊花賞に3回騎乗。

その成績は15番人気2着・4番人気9着・10番人気2着という素晴らしい成績。

今回も人気は間違いなく無さそう。

データ推奨馬でも押したこの馬です。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

エタリオウ

デムーロ人気で1番人気ですかね?

普通に考えたらブラストワンピースかエポカドーロかなと思うのですが、菊花賞は意外に上りの速い馬が強いレース。

それを考えると、この馬が上り勝負では最右翼だと思います。

 

ブラストワンピース

前走は古馬相手に強い競馬でした。

ダービー以外は全て1着で決してエタリオウに劣ることはない。

人気の差は騎手だけと考えて良いでしょう。

ただローテーション的に前走新潟記念と言うのが微妙ですが‥

 

エポカドーロ

皐月賞馬が3番人気であれば妙味あり。

先行馬でもあるし、前走はスタートで躓いただけ。

アクシデントが無ければ多分デビュー以来全て馬券圏内だったでしょう。

ワイド馬券的には一番最適な馬かもしれません。

 

ジェネラーレウーノ

ダービー以外は全て馬券圏内。

それでもこの馬は何故か毎回あまり人気にならない。

血統は菊花賞と相性が良いロベルト系で先行馬。

妙味・脚質・血統という点から現時点では一押しです。

 


以上で記事は終わりです。

今回の上位人気馬はどれも甲乙つけ難い。

オッズ次第ではありますが、気になるのはエタリオウジェネラーレウーノの2頭です。

直前までもう少し考えます。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング