菊花賞2017 穴馬予想

こんばんわ。ワイド師です。今回は菊花賞の穴馬予想です。

現在のオッズですが10倍台~20倍台のオッズを見ると

4 ダンビュライト 11.0

5 ウインガナドル 11.8

6 サトノアーサー 11.8

7 サトノクロニクル 14.3

8 ベストアプローチ 17.0

9 トリコロールブルー 17.7

10 ブレスジャーニー 20.6

11 ポポカテペトル 23.2

12マイネルヴンシュ 29.6

となってます。この辺りから穴馬を探したいと思います。

ところで菊花賞と言えば1,2枠が有利なことで有名です。ブログもリニューアルしたことなので、今回からはデータも分かり易く、画像で載せていきます。過去10年で調べてみると、以下の通りになりました。1,2枠は勝率では有利だが、複勝率で言うと4、8枠以外は悪い訳ではありません。総じて言えば15番ゲート以降は不利である。

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0%
2番 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
3番 2- 1- 0- 7/10 20.0% 30.0% 30.0%
4番 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
5番 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
6番 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
7番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
8番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
9番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
10番 1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0%
11番 0- 2- 0- 8/10 0.0% 20.0% 20.0%
12番 0- 1- 2- 7/10 0.0% 10.0% 30.0%
13番 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0%
14番 2- 1- 0- 7/10 20.0% 30.0% 30.0%
15番 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
16番 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0%
17番 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
18番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%

ではこれを踏まえつつ、穴馬考察をします。自分の穴馬の定義は基本6番人気以降であるので、それに合致する穴馬をピックアップします。

とは言っても、穴馬になりえる馬は今回内枠配置が多くて絞り切れませんが、注目馬としてはまずウインガナドル。現在5番人気であるが最終的には6番人気になると思う。この馬は古馬相手にハンデ戦とはいえ4着と大健闘。しかも今回は絶好枠の1枠2番。いかにも穴馬として挙げられる1頭である。

次にサトノクロニクル。福永騎手を鞍上に迎え、7戦して馬券外は1回だけ。ウインガナドルに一度負けているが、距離適性を考えると逆転の余地はある。

最後の1頭はポポカテペトル。騎手は和田だが長距離実績は悪くない。血統もディープ産駒でこれも悪くない。前走は古馬相手に完勝であるし、軽視禁物な1頭である。

そして、現在考える最有力な穴馬候補は

この馬👇


中央競馬ランキング

長距離血統と言えばステイゴールド産駒かハーツクライ産駒。迷ったが最後は騎手の腕に賭けます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です