福島牝馬ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は福島牝馬ステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは福島競馬場で行われる芝1800m戦です。

過去10年で最少頭数の10頭立てかそれ以下の1戦。

マイラーズカップ同様で穴馬を選ぶのも限られてきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると6番8番ゲートが好成績を挙げているが、複勝率で内も外も決定的な差は無いと思います。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

 

これも同じく6番8番ゲートを除けば、内外で大差はありません。

少頭数ということを考えると有利不利は無いように思えます。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見るとさすが福島競馬場と言うべき圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

今回想定4番人気馬以内で完全に先行馬と呼べるのはランドネだけでしょう。

脚質傾向から判断するとランドネは軽視できないでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父メイショウサムソン又は母父にノーザンダンサー系orナスルーラ系です。

今回の該当馬は

 

ウインファビラス
カワキタエンカ
ダノングレース
デンコウアンジュ
フローレスマジック
ペルソナリテ
ランドネ

 

以上7頭です。

登録馬10頭に対して7頭も残ってしまいました(;^_^A

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走はハンデ戦で斤量の恩恵があったとは言え、着順ほどタイム差は悲観する程の内容でもない。

2歳時にはG1で2着の実績、3走目にはようやくだが1600万クラスを脱出。

血統傾向でも推奨で脚質傾向的にも有利な先行馬。

上位人気勢も絶対的な存在がいるわけでもないので食い込める余地は十分にある。