福島牝馬ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は福島牝馬ステークスの枠順・脚質・血統傾向です。

まず枠順傾向からです。過去10年の枠順傾向は以下の通りです。

完全に1~4枠有利と判断して良いでしょう。

次にコースデータです。当レースは開幕5日目なので、芝状態が同程度の開幕3~6日目で今回の登録馬に近い14~16頭立ての2008年以降のデータです。

こちらは5枠までが有利と判断して良いでしょう。

結論は両データで共通する

 

1~4枠が有利

 

と判断します。ちなみに1~8番ゲートまでです。

 

次に脚質傾向です。

過去10年の脚質傾向は以下の通りです。

さすが福島競馬場だけあって、分かり易いほど前が有利です。

今回展開的に恵まれそうな馬は

エンジェルフェイス
カワキタエンカ
シャララ
ノットフォーマル

逆に展開的に厳しそうな馬は

多すぎます。

どの馬だと言えば上記4頭以外全てです。ほとんど差し・追い込み馬ばかりです。

 

最後に血統傾向です。このレースの好走馬の特徴は

父or母父にナスルーラ系母父にノーザンダンサー系を持つ馬です。今回のメンバーでは

エンジェルフェイス(母父ナスルーラ系)
カワキタエンカ(母父ノーザンダンサー系)
デンコウアンジュ(母父ノーザンダンサー系)
ブラックオニキス(母父ノーザンダンサー系)
ロッカフラベイビー(母父ナスルーラ系)
ワンブレスアウェイ(母父ノーザンダンサー系)

以上になります。そして現時点での注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.