神戸新聞杯2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は神戸新聞杯2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ゴーフォザサミット
2枠2番 エタリオウ
3枠3番 ワグネリアン
4枠4番 ステイフーリッシュ
5枠5番 タイムフライヤー
6枠6番 メイショウテッコン
7枠7番 ビッグスモーキー
7枠8番 エポカドーロ
8枠9番 アドマイヤアルバ
8枠10番 ハーベストムーン

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

 

人気馬でエポカドーロ以外は綺麗に内枠1~3番ゲート。

少頭数なので有利不利は少なさそうですが、7枠8番エポカドーロ6枠6番メイショウテッコンより外に入った。

スタート次第ではありますが、メイショウテッコンがやや優位で逃げるのはこの馬ではないでしょうか。

 

2枠2番エタリオウは前走のように追い込む競馬をするようならやや内枠過ぎるかなという印象。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠2番 エタリオ(1500円)

 

(抑え馬)

このレースで1番人気が異常に強い

7枠8番 エポカドーロ(500円)

 

この2頭です。

はっきり言ってエポカドーロとワグネリアンから馬券を組み立てると回収率が悪すぎます。

エタリオウの評価は本当は3番手です。

しかしデムーロ騎手が騎乗してこのオッズならという妙味を考えると思い切って勝負します。

 

最後に本命馬ですが‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

2歳時にはエタリオウやサトノワルキューレにも勝っている。

決して弱い馬ではない。

非根幹距離に強い血統でもあり、脚質傾向的にも逃げればチャンスありだと思います。