神戸新聞杯2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は神戸新聞杯2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝2400m戦です。

オールカマーと同じく比較的堅いレース。

しかもダービー1・2着馬の参戦で一層堅く収まりそうな気配。

あまり狙い過ぎた穴馬には期待できないのではないでしょうか。

 


まず枠順傾向です。

今年は登録馬が11頭という寂しいレース。

過去10年で最低でも12頭立て以上でしたので、11頭立てでのサンプルレースがありません。

今回は頭数制限無しで調べてみました。

馬番表記です。

 

 

これを見ると外枠が不利だと判断できますが、今回の登録馬は11頭なので有利不利は無さそうです。

 

今度はコースデータです。

2008年以降で頭数制限無しのデータです。

馬場条件が同条件に近い開催6~7日目で検索しました。

 

 

こちらもレースデータと同じく外枠が不利。

ですが上記でも言いましたが、今回の登録馬は11頭なので有利不利は無さそうです。

よって結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2008年以降のデータです。

 

 

 

逃げるか、上り勝負の決め手勝負という極端な傾向です。

無難な先行馬はイマイチな成績です。

 

逃げ馬で選ぶなら

エポカドーロ
メイショウテッコン

 

この2択ではないでしょうか。

 

逆に上り勝負で考えると決め手のある馬は

アドマイヤアルバ

 

ダービーで上り最速を含めデビュー以来上り3位以内に入らなかったのは1度だけ

今回の少頭数なら持ち味をフルに発揮できるかも?

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系orディープインパクト産駒又は母父にナスルーラ系です。

今回は母父にナスルーラ系の該当馬はいませんでした。

そうなると父にミスプロ系orディープインパクト産駒の馬は

 

ビッグスモーキー
ワグネリアン

 

以上2頭です。

さすがにビッグスモーキーは厳しいかもしれないです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向からは外れるが、想定3番人気のエタリオウを負かし、前走は古馬G2戦で一級クラスの馬達相手にコンマ6秒差ならここでも勝負になると睨んでます。

距離も重賞勝ちがある2400m戦と言うのも買い要素です。