皐月賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は皐月賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~6番ゲート不利と判断しています。

今回は先行馬がかなり多いですね。

逃げるのは多分ランスオブプラーナでしょう。

それ以下の先行勢がどうなるかが注目です。

 

上位4番人気以内馬の配置を見ると、1枠1番アドマイヤマーズは2・3番手辺りで競馬をしたいでしょうし、ダイワメジャー産駒ということもあり距離不安がある。

距離ロスを最小限にできるこの枠は問題ないでしょうが、1~6番ゲート不利と判断しているので、そこ辺りが微妙です。

 

2枠4番ダノンキングリーは自在タイプで無理して先行策をとることも無いか?

仮に差しに徹するようならもう少し外目でも良かったかもしれない。

 

4枠7番ヴェロックスは先行馬でこの枠順は特に問題ないでしょう。

問題なのは展開で今回のメンバーで強気の先行策に出るのかどうか?

 

6枠12番サートゥルナーリアは前走内枠で窮屈な競馬を強いられながらも勝利。

今回はやや外寄りだが、前走のこともあるので今回のこの枠は無難でしょう。

デビュー以来ずっと先行しているが、能力の違いで先行してしまっているだけで中団からの競馬でも問題無いと思う。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

そして今月から試験的にワイド・馬連・複勝の併用馬券で勝負しています。

ワイド師と名乗っておきながらお恥ずかしい話ですが(;^_^A

昨年末辺りから自分の中で確立してきた予想スタイルで穴本命がバシバシ決まっているのに、それを活かしきれていない。

そこで考えたのが、穴本命が来た時には必ず利益になる複勝、爆発力の馬連、そしてその中間のワイド3券種併用馬券です。

 

ちなみに昨日のアーリントンカップはこのスタイルで助かった。

11番人気の穴本命馬トオヤリトセイトが3着で複勝720円。

しかし上位人気馬総崩れで複勝だけ的中だったが、それでも回収率は240%でした。

せっかくの会心の穴本命が来ても、ハズレでは悔やみきれませんからね(;^_^A

 

3券種の資金配分は同額です。

掛け金は目安として1800円設定です。

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から3頭選びます。

 

今回4番人気以内で消馬はヴェロックスです。

消した根拠は単純に格の違いです。

2歳チャンピオン2頭とそのチャンピオンを負かしたダノンキングリーは既に高いレベルでの競馬で実績を上げています。

 

それでは今回の買い目ですが

 

(ワイド・馬連) 基本的に同額資金配分

穴本命馬ー1枠1番 アドマイヤマーズ (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー2枠4番 ダノンキングリー (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー6枠12番 サートゥルナーリア (ワイド・馬連各200円)

(複勝)

穴本命馬 ????? (600円)

 

計1800円です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

実績を挙げても人気にならない馬ですね。

人気にならない理由は血統背景と重馬場巧者という理由でしょう。

ただ枠順も絶好枠を引き、展開も向きそう。

そして近3年中の勝馬2頭の父はこの馬と同じ。

しかもポイントは人気薄の〇ィー〇産駒です。

更に予報では当日もしかしたら雨が降るかもしれないので、降ったら尚更買いです。