皐月賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は皐月賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦です。

サートゥルナーリアが1番人気想定ですが、ぶっつけ本番。

しかし先週の桜花賞では1番人気グランアレグリアもぶっつけ本番ながら勝利した。

今回も同じく順当に決まるのでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると内・中・外と満遍なく好走馬が散らばっています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると内枠からは好走馬が出ていません。

やはり開幕8日目ともなると内の芝が荒れているのでしょうね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると複勝率では先行馬が断然有利。

しかし、逃げと追い込み馬は成績が振るわない。

上りの速い馬を見ても、複勝率はイマイチ。

総合的に判断するとやはりキレる馬よりも上りソコソコの先行馬や差し馬が有利と判断できます。

今回の上位人気馬4頭は基本的には先行馬。

脚質だけでは優劣の判断が難しそうです。

ただ今回は先行馬がかなり多い。

そうなると狙うなら差し馬かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にディーインパクトorルーラシップ又は母父にサンデーサイレンスorナスルーラ系です。

今回の該当馬は

 

サトノルークス
ダノンキングリー
ナイママ
メイショウテンゲン

 

以上4頭です。

意外に今回は対象馬が少なかったです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前回狙って見事嵌った穴本命馬。

今回はその時の主戦騎手が他馬に乗り替わった。

こういう時は騎手の選馬眼を信じて消すのですが、今回はどうも先約の関係らしい?

そうなると話は変わってくる。

降りたのなら要らないが、先約で仕方なくならばこの馬を狙いたい。

晩成型の血統背景で重馬場巧者?という疑念は完全に拭いきれないが、仮にもトライアルレース優勝馬がこの想定オッズなら美味しい穴馬だと思います。