皐月賞2018予想 最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回は皐月賞の最終結論です。

現在の上位人気順は

1 ワグネリアン 3.4
2 ステルヴィオ 4.6
3 キタノコマンドール 5.8
4 ジャンダルム 9.3

このようになってます。皐月賞の枠順傾向はフラットですが、ワグネリアンとステルヴィオは1枠と8枠で極端な配置になりました。

ステルヴィオはできればもう少し内寄りが良かったかなという印象です。

まず本命馬ですが、週中予想はステルヴィオでした。ただ問題があります。それは明日の天気が雨予報ということ。

この馬は重馬場もこなしているので苦手ではないとは思うのですが、決して有利に働くということはなさそう。

ただそれでも能力的にはワグネリアンかステルヴィオでしょう。そしてもはや格言と言っても過言ではない「G1は外人騎手」です。先週の桜花賞、そして今日のアーリントンカップも勝利して絶好調のルメール騎手に託します。本命は

 

◎ステルヴィオ

 

この馬で決まりです。

そして穴馬ですが、週中予想はタイムフライヤーでした。雨予報はこの馬には恵の雨でしょう。スピード競馬より力の要る馬場が絶対合ってるはず。

しかし枠順は1枠1番。これは微妙です。脚質的に馬群から抜け出せなくなる可能性がある。今回はペースが速くなりそうなので馬群がバラければ‥‥という感じ。

この馬しか考えられないと思っていたので、他で穴馬候補として押せるのは

 

グレイル

 

この馬は共同通信杯で1番人気になった馬です。しかし前走の敗戦だけで現在10番人気まで評価が下がってしまった。

新馬戦は不良馬場で勝ち上がり、2戦目はタイムフライヤーを破った。それでこのオッズは妙味ありです。

悩みどころですが、穴馬最終結論は

この馬☟

中央競馬ランキング

ダートや重馬場で追えるこの騎手なら大仕事をやってくれるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です