桜花賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は桜花賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦です。

ダノンファンタジー・グランアレグリア・クロノジェネシスの3強が揃いました。

3強と言われるレースは数多くありますが、だからと言ってその3頭で決まらないのが競馬。

今回もこの3頭に割って入る穴馬を見つけ出したいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

もう有名な話ですが、桜花賞の内枠は買えない。

昨年こそ1番人気のラッキーライラックが1番ゲートから2着に入ったが、基本的に1~5番ゲートは最悪です。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬傾向を見るとほとんど中枠に集中しています。

人気馬なら外枠でもいいが、穴馬なら中枠です。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

6~11番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると追い込み馬が有利です。

次いで逃げ馬でしょう。

ただ今回これという逃げ馬がいません。

近2走で逃げ経験があるのはイベリスとエールヴォアだけです。

だからと言って逃げ馬でもないので、これは枠順とスタート次第でどの馬が逃げてもおかしくないです。

穴を開けるならノーマークの逃げ馬かもしれませんね。

そして追い込み馬ですが、上位人気馬ではやはりクロノジェネシスではないでしょうか。

4戦中上り最速3回、上り2位1回で上り最速32秒台も出したことがある。

脚質傾向的にはこの馬は要注意でしょう。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にハーツクライ・ステイゴールドor1600mか2000mのG1勝利経験がある父サンデーサイレンス系種牡馬orミスプロ系種牡馬です。

 

今回の該当馬は

 

アウィルアウェイ
アクアミラビリス
エールヴォア
グランアレグリア
シェーングランツ
シゲルピンクダイヤ
ダノンファンタジー
ノーブルスコア
ノーワン
ルガールカルム
レッドアステル

 

以上11頭です。

今回は登録馬が多いので除外対象馬は記載していません。

気になるのがこの中にクロノジェネシスの名前がありません。

父はバゴで血統的にはナスルーラ系(大系統)です。

上記の血統表ではナスルーラ系は緑色で表記されてますが、父にナスルーラ系の馬は過去5年1頭もいません。

脚質傾向では推しましたが、血統傾向ではマイナス評価です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

この馬の売りはとにかく崩れない。

その反面勝てないという要素も持っているが、相手が弱くても強くても常に着差タイムはコンマ3秒差以内で治めている。

まさにワイド向きの馬です。

血統的にもやはりこの父は重視しなくてはいけないでしょう。