桜花賞2018予想 最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は桜花賞の最終結論です。

まず有力馬の配置を見ると

1枠1番 ラッキーライラック

5枠9番 リリーノーブル

7枠13番 アーモンドアイ

8枠17番 マウレア

以上のような配置です。

まずラッキーライラックは痛恨の1枠1番。これはマイナス評価以外のなにものでもない。そしてマウレアは上がり目も少ないうえに、内枠ではないが先行脚質のこの馬にとっては大外枠はややマイナスな印象。

逆にリリーノーブルアーモンドアイは良い枠を引いたと言えそうです。

 

そして穴馬ですが予想外に人気なのがレッドレグナント。デムーロ人気なのは間違いないが、それだけで買い材料になる。

次にフィ二フティプリモシーン。外差し馬が好成績を残す桜花賞には枠順的にもドンピシャな2頭。

 

本命馬も穴馬も迷う所ではありますが、最終結論は

この2頭☟

中央競馬ランキング

桜花賞の重要ポイントはチューリップ賞組ディープ産駒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.