根岸ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は根岸ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1番と15・16番は不利と判断しています。

まず4番人気16番マテラスカイは痛いですね。

逃げるのはこの馬でしょうが、後方待機型が強いレースなので少しでも距離ロスは減らしたかった。

 

そして3番人気の2番ユラノトは先行馬。

脚質傾向とは反するが、出走メンバーの近走脚質から判断すると、明らかに逃げ・先行馬が少ないので2番ゲートに入ったのならば、難なく先行できるはず。

 

最後に1番人気と2番人気の12番サンライズノヴァ11番コパノキッキングは差し追い込み馬で理想的な配置でしょう。

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

6枠12番 サンライズノヴァ(1700円)

 

(抑え馬)

1枠2番 ユラノト(300円)

 

当初はユラノトは消しで脚質的にコパノキッキングを抑えにしようと思いましたが、ユラノトの枠順と少数先行馬という点でユラノトにしました。

サンライズノヴァは実績から考えて外せないです。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

過去記事で書いたコース適正・血統傾向・過去データ推奨馬で文句なし。

枠順も中枠辺りが良かったかなとも思いますが、まあ問題ないでしょう。

とにかくこのコースは大得意で7戦中6回馬券内で人気薄でも走りまくる。

今回はこの馬で勝負です!