根岸ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回根岸テークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われるダート1400m戦です。

現時点の登録馬は18頭で回避馬が出なければフルゲートでのレースになるでしょう。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると最内の1番と大外枠の15番16番の複勝率が悪いようです。

その他は特に差は無いように思えます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬傾向でも同じく1番・15番・16番は複勝璃が悪い

極端な枠順は避けた方が良さそうです。

今回の結論は

 

1・15・16番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

根岸ステークスはダート戦ですがとにかく差し・追い込みが強い。

上り1・2位の馬の複勝率が高いことからもそれが読み取れます。

しかし、先行馬と差し馬はほぼ互角

先行馬だからと言って軽視は禁物です。

ですが、逃げ馬は割り引いて考えた方が良いでしょう。

今回上位人気馬で逃げ馬に該当するのは

 

マテラスカイ

 

この馬です。

脚質傾向的には危険な人気馬と言えるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系又は母父にミスプロ系です。

父ミスプロ系は確かに昨年は活躍しましたが、複勝率で調べると平凡。

むしろ父ノーザンダンサー系の方が活躍しています。

今回の該当馬は

 

キタサンミカヅキ
ケイアイノーテック
コパノキッキング
サトノファンタシー
サンライズノヴァ
モーニン
ラブバレット
レッドゲルニカ
ワンダーリーデル

 

以上9頭です。

人気の中心になるであろうコパノキッキングとサンライズノヴァも血統的には合っています。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

現時点の想定オッズは7番人気ですが、本当にこんな低評価ならば積極的に狙ってみたい。

コパノキッキングとは前走コンマ2秒差の3着で地方も入れてだが現在10戦連続馬券圏内。

父にノーザンダンサー系で脚質も傾向的にはピッタリです。