根岸ステークス2018 予想/本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は根岸ステークスの本命馬予想です。

まず根岸ステークスの枠順傾向から調べたいと思います。過去10年の枠順傾向です。全て16頭立てです。

複勝率で言えば8枠がやや低い。そして全体的にやや内枠有利か?そして勝率で言えば内枠有利という感じです。次にコースデータ過去10年です。これも16頭立てで調べます。

これを見ると、やや8枠が勝率・複勝率 で良い。レースデータとコースデータで比較すると特に強調できる傾向はありませんでした。よって根岸ステークスの枠順傾向はフラットと判断します。

では本命馬予想に入ります。まず現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台ですが

1 カフジテイク 3.0

2 サンライズノヴァ 3.8

3 キングズガード 4.0

4 アキトクレッセント 6.9

5 ベストウォーリア 7.1

以上の5頭になります。

カフジテイク

ドバイ遠征以後全て人気より着順が下回っている。この馬に限らず海外遠征後の馬はリズムを崩すというか、走り方が変わってしまうのか、どうも勢いを無くすように思えます。それでも今回のメンバーで劣っているという訳では無いですが、だからと言って抜けて強いという訳でもない。昨年の方が勢いが良かったです。

サンライズノヴァ

ユニーコーンステークスの圧勝劇から毎回人気になるが、その後は馬券内確保できているのはOP戦のみ。古馬混合の重賞では力は未知数。だがまだ4歳なのでこれから伸びる可能性もある。

キングズガード

前走はG1でカフジテイクに負けはしたが差の無い競馬をしている。しかしこの馬の適距離は1400mである。そういう意味ではカフジテイクと互角の評価である。

アキトクレッセント

上り馬で勢いは悪くはないが、前走の相手もOP止まりの馬達ばかりで上位馬と比べるとやや劣る印象。

ベストウォーリア

Mr馬券内のこの馬にも年齢の陰りが見えてきた。流石にルメールと言えども厳しいのではないか。先週のゴールドアクターの惨敗と重なるように思える。

以上が上位5頭の評価です。現時点で考えられる本命馬候補はやはり上位3頭。その中でも最有力候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

このレースはダート戦でも上り勝負の傾向が強いレース。現在中央場所で上り4戦連続1位を継続しているこの馬で勝負したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です