東京新聞杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京新聞杯2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

まず一番気になったのは1枠1番サトノアレス

この馬また内枠に入ったのかというのが正直な感想。

前走以外の過去6戦は全て3番ゲート以内で安田記念も7番人気ながら4着。

とにかく東京コースの内枠ではかなり好成績を収めている。

 

そして上位人気馬の中で絶好枠と思えるのは現在1番人気2枠2番インディチャンプ

基本先行馬でもあるし、2枠3番テトラドラクマ以外の逃げ・先行馬は外枠なので枠順的に被される心配も無いと思う。

 

2番人気の3枠5番タワーオブロンドンはもう少し外寄りの5枠辺りがよかったかなと思うが、可もなく不可もなくという配置でしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

3枠5番 タワーオブロンドン(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

対抗馬の1番のポイントは藤澤厩舎の3頭出し

しかもその3頭が上位人気5頭中3頭を占める

そしてその藤澤厩舎の筆頭主戦騎手はルメール

確率的に考えたらタワーオブロンドンが馬券圏内に来る確率はかなり高いと判断しました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

現時点では予想以上に穴人気しています。

格的にはかなり劣るにも関わらず、この人気は妙味薄です。

しかし、ディープ産駒×枠順推奨の7番ゲート以内×穴馬データ推奨馬という全ての条件が揃った。

こうなると外す訳にはいかない。

妙味薄なのでタワーオブロンドンとの1点勝負です!