東京新聞杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は東京新聞杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦です。

今回の登録馬は16頭で全馬出走可能です。

毎年ソコソコ荒れる重賞なので、楽しみな1戦です。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

東京芝1600mは極端な有利不利は少ないですが、このレースは内枠有利です。

複勝率を見ると有利なのは1~8番までか甘めに判断しても10番までかでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると外枠が全く来ていないということはない。

ただ、複勝率で見ると1~7番ゲートまでが圧倒的に高い。

 

よって今回の結論は両データで共通する

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

東京の長い直線からイメージすると逃げ馬は不利かと思うが意外に好成績

今回逃げるとしたらショウナンアンセムテトラドラクマ辺りでしょう。

ただ逃げ馬に関しては過去に連対した3頭は全て5番人気以内。

想定オッズではこの2頭は人気薄の部類に入るので厳しいかもしれません。

 

そして先行と差しはほぼ互角。

追い込み馬は最悪とまでは言わないが劣勢です。

有力な逃げ馬がいない今回のメンバーでは脚質の有利不利の判断は難しいです。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト又は母父にサンデーサイレンスです。

表を見ると完全にディープインパクト祭りです。

しかしそれ以外では父がディープインパクトでなくても、母父がサンデーサイレンスという血統が好走しています。

今回の該当馬は

 

サトノアレス
ジャンダルム
ヤングマンパワー
リライアブルエース
レッドオルガ

 

以上5頭です。

この5頭は全馬想定オッズ5番人気以下なので、血統だけで穴を狙うならこの5頭に注目です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近走成績を見ると早熟だったのかなと思ってしまうが、調教は抜群だしG3レベルならノーチャンスではないはず。

血統傾向で推奨した母父サンデーサイレンスで母はG1馬という良血。

今回全く注目されないと思うが面白いと思う。