東京スポーツ杯2歳ステークス2017 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は東京スポーツ杯2歳ステークスの予想最終結論です。今まで少し気になっていたのですが、文字の大きさがくどいかなと思ってまして、今回から大きさを変えてみました。

話しは逸れましたが、本題に入ります。現在のワグネリアンのオッズが1倍台、ルーカスが3倍台、以下は二桁オッズ。完全に一騎打ちムードです。

そして、自分が本命&穴馬予想の記事で決めたワイド1点のオッズが現在200円台。いくら何でもこんなショボいオッズの馬券買えません。

こういう時は買い方を変えなくてはなりません。古い話ですがテイエムオペラオーとメイショウドトウのライバル対決。いつもこの2頭で決着してました。もし穴馬が決まっていたとして、テイエムオペラオーとメイショウドトウの2頭とも馬券内に来るのが確実なら、ワイド1点は穴馬-メイショウドトウで勝負する。この方が確実に儲かる。

今回はそういう買い方をしないと儲からない。2歳馬で未知な部分はあるが、この頭数ならワグネリアンとルーカス2頭の馬券内確率はかなり高いでしょう。儲からなくては意味が無いので、本来ならワグネリアンなのですが、今回は本命馬を変更して

◎ルーカス

この馬で決まりです。そして穴馬ですが、ここは前回と変わらずです。

この馬👇

中央競馬ランキング

この騎手を逃げ馬に乗せたら上手い。今回も行くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.