朝日杯フューチュリティステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は朝日杯フューチュリティステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

グランアレグリアが断トツ人気。

以下アドマイヤマーズ・ファンタジスト・ケイデンスコールが第二勢力というオッズ構成です。

ケイデンスコール以外は先行馬で、8枠14番ファンタジストはやや外過ぎる印象。

そしてグランアレグリアの2枠2番というのは微妙ですね。

なにせ前走出遅れがありましたので、また同じようなことがあったらG1の舞台で大外ぶん回しが果たして成功するかどうか?

ただそんなことがあってもこの馬にとっては問題にならない可能性が高い気もします。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠2番 グランアレグリア(2000円)

(抑え馬)

今回は無しです。

 

 

グランアレグリアの単勝オッズが150円というのは被り過ぎだと思います。

ワイド馬券なのでグランアレグリア以外の馬から勝負するということも考えました。

しかし2~4番人気の3頭の中で2番手筆頭はこの馬!と呼べる程の実力差が正直わからない。

ただグランアレグリアから1点勝負をすればソコソコの回収率は出せるのでこの馬を対抗馬としました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

狙っていたニホンピロヘンソンが外枠になってしまった。

先行馬なので内枠なら買いだったが‥

ちょっと話は逸れますが、先週に引き続いて昨日のターコイズステークスでまたやってしまった(泣)

血統推奨馬とデータ推奨馬で共に推奨した馬は唯一デンコウアンジュだけだった。

しかも13番人気で3着‥もう少し予想を工夫しないと(;^_^A

今回もこのパターンの馬がいて、唯一の1頭はニホンピロヘンソン

単勝オッズだけはソコソコ売れていますが、それ以外のオッズは大穴の部類に入ります。

余裕がある方はニホンピロヘンソンもヒモの1頭に考えてみて下さい。

しかし、このレースは明らかに過去の脚質傾向から言って差し・追い込み有利

それは穴馬も同じ傾向です。

 

今回は週中に挙げたもう1頭の馬で勝負します。

前走はグランアレグリアには完敗。

だが特筆するべき点は上りがグランアレグリアより上回っていたということ。

そしてこのレースと好相性の前走東京芝1600戦を経験している。

グランアレグリアとは勝負付けが済んだかもしれないが、3着以内ということを考えるとその他の馬とはまだ決定的な差は無い。

4強で決まってしまう可能性も十分あるが、決め手勝負になればこの馬も侮れない。

明日の天気は不安定だが、仮に雨が降ったとしても新馬戦は重馬場で圧勝している。