朝日杯フューチュリティステークス2017 枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は朝日杯フューチュリティステークスの枠順傾向です。

先週の阪神ジュベナイルフィリーズと同コースなのですが、同じ傾向か調べてみました。ちなみに阪神ジュベナイルフィリーズは5枠以降有利と判断しましたが、勝ち馬以外は2枠と4枠の馬が馬券内でした(-_-;)ただ人気馬同士の決着だったので、枠順の恩恵以上に人気馬に実力があったのかもしれません。

ではサンプル数が少ないですが朝日杯フューチュリティステークスの過去3年のデータです。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
2枠 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3枠 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
4枠 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
5枠 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
6枠 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
7枠 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
8枠 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0%

7・8枠の複勝率が高いのですが、サンプル数が少ないですし、内枠の馬も満遍なく馬券内に絡んでいるのでほぼフラットではないでしょうか。

次に穴馬傾向です。このレースは3年連続で二桁人気馬か馬券内に来ているので、6番人気以降の枠順傾向を調べてみました。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
3枠 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
4枠 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
5枠 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
6枠 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
8枠 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%

どの枠からも満遍なく穴馬が来ています。これもフラットと考えて良いでしょう。

次に阪神芝1600m2歳18頭立て限定、さらに牝馬限定戦以外の過去10年のコースデータを調べました。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 3- 3- 1-52/59 5.1% 10.2% 11.9%
2枠 1- 2- 4-53/60 1.7% 5.0% 11.7%
3枠 5- 5- 4-46/60 8.3% 16.7% 23.3%
4枠 3- 2- 2-53/60 5.0% 8.3% 11.7%
5枠 0- 4- 4-52/60 0.0% 6.7% 13.3%
6枠 7- 2- 5-46/60 11.7% 15.0% 23.3%
7枠 6- 8- 6-70/90 6.7% 15.6% 22.2%
8枠 5- 4- 4-77/90 5.6% 10.0% 14.4%

こちらは複勝率でみると、3枠6枠7枠が有利ですね。

ここから6番人気以下の枠順傾向に絞ってみると

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-44/46 2.2% 2.2% 4.3%
2枠 0- 0- 2-46/48 0.0% 0.0% 4.2%
3枠 1- 1- 0-38/40 2.5% 5.0% 5.0%
4枠 0- 0- 1-41/42 0.0% 0.0% 2.4%
5枠 0- 2- 1-39/42 0.0% 4.8% 7.1%
6枠 1- 2- 2-37/42 2.4% 7.1% 11.9%
7枠 0- 4- 2-58/64 0.0% 6.3% 9.4%
8枠 1- 1- 2-61/65 1.5% 3.1% 6.2%

こちらは複勝率で見ると5枠以降、特に6枠7枠が有利です。

総合的に判断するとレース的にはフラットコース的には6枠7枠が有利となります。こうなると考え方次第ですが、レース傾向とコース傾向が一致しない以上、決め打ちは危険かなと思います。

結論は朝日杯フューチュリティステークスの枠順傾向はフラットと判断します。

以上ワイド師でした。

中央競馬ランキング

励みになります。ワンクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください