有馬記念2018予想 枠順確定の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は有馬記念2018の枠順確定後の最終結論です。

ついに年末の大一番です。

配当がどうあれ何としても当てたいです。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

人気馬は比較的外寄りに入った。

唯一内枠に入ったのはモズカッチャンだけです。

ちなみにオジュウチョウサンは人気馬扱いしてません

言い方悪いですが客寄せパンダです。

1枠×武豊×オジュウチョウサンという組み合わせなら確かにロマン馬券を狙う気持ちもわかります。

ですが常識的に考えて前走1000万クラスは要らないでしょう。

 

話しを元に戻して、人気馬で絶好枠は間違いなく2枠3番モズカッチャンでしょう。

内枠の立ち回り勝負はこの馬にとって十八番。

叩き2戦目で上積みもあり、Mデムーロとばれば尚更です。

逆に6枠12番レイデオロはギリギリ許容範囲内かなという枠順。

そして7枠14番キセキは枠順的には明らかに不利。

逃げ馬がこの馬だけなので、スタートで脚を使えば先手は取れそう。

しかしその脚を使った分、最後まで持つかどうか?

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

ちなみにオジュウチョウサンは2番人気ですが、実質的な人気は5番人気以下と判断しています。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠3番 モズカッチャン(1000円)

6枠12番 レイデオロ(1000円)

(抑え馬)

今回は無しです。

 

モズカッチャンはこの枠に入った以上軽視できません。

そしてレイデオロはやはり能力的は抜けています。

枠順もギリギリ許容範囲なので消せませんでした。

この記事でも書きましたが、この秋のG1シリーズ(JBCは除く)を振り返ってみると結局はルメール&デムーロなんです。

香港遠征で不在だった阪神ジュベナイルフィリーズを除くとG1シリーズ9戦でこの両騎手のどちらかが馬券圏内に来た回数は8回です。

過去10年で1番人気の複勝率90%のルメール騎乗のレイデオロ、今回人気馬の中で唯一絶好枠を引き当てたMデムーロ。

この2頭ならかなりの高確率で馬券圏内は堅いと判断します。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

ルメール&Mデムーロが堅くても本命馬が来なくては意味がありません。

枠順的には絶好枠。

調教もかなり動いて申し分なし。

血統構成もパワーとスタミナを兼ね揃えている。

鈍足なので勝負所はスタートでしょう。

多少扱いてでも前に取り付けさえすれば、この馬はやってくれるはず。

鞍上も「何も行かなければ逃げても良い」というコメントをしているくらいなので、前に行く意識は持っている。

レイデオロには3戦して2度先着しているこの馬ならチャンス十分です。