有馬記念2017 穴馬予想&穴馬データ

こんばんわ。ワイド師です。今回は有馬記念の穴馬予想です。

枠順傾向の記事でも書きましたが、改めて有馬記念で6番人気以下で馬券内に来た馬の枠順傾向です。検索条件は過去10年で6番人気以下、頭数限定無しです。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 1- 0- 1-11/13 7.7% 7.7% 15.4%
3枠 0- 2- 1-12/15 0.0% 13.3% 20.0%
4枠 1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0%
5枠 0- 0- 1-10/11 0.0% 0.0% 9.1%
6枠 0- 0- 1-11/12 0.0% 0.0% 8.3%
7枠 0- 0- 0-13/13 0.0% 0.0% 0.0%
8枠 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%

はっきり言って完全内枠有利です。馬番で言うと7番ゲートまでです。5枠に1頭来てますが、これは7番ゲートです。そうなると8番ゲート以降で馬券内に来たのは2頭。比較すると1~7番ゲートが9頭に対し8番ゲート以降が2頭。6番人気以下の穴馬を狙うなら1~7番ゲート内で決め打ちしても良いレベルです。

ちなみに6枠の1頭は2010年のトゥザグローリーで先行3番手3着でした。この年はブエナビスタを除いて完全前残り決着の年でした。

8枠の1頭は2008年のアドマイヤモナークで追い込んで2着。この年はダイワスカーレットを除いて差し・追い込み独占でした。

今年のメンバーを見ると、先行勢はカレンミロティックとキタサンブラックが前に行き、残りはシュヴァルグラン、サトノクロニクル、シャケトラ辺りかと思います。ペースは超スローにはならないと予想しています。

以上の点を踏まえると、ペースが極端でない限り1~7番ゲートで穴馬は決め打ちしてみようかと思います。

次は過去10年で6番人気以下で馬券内に来た馬全てです。

ゴールドアクター
トゥザワールド
オーシャンブルー
エイシンフラッシュ
トゥザグローリー
トゥザグローリー
エアシェイディ
アドマイヤモナーク
エアシェイディ
マツリダゴッホ
ダイワメジャー

上記の馬の共通点は前走G3・G2戦で1着又はG1出走。更に過去にG2戦以上で勝利あり。そして全て牡馬。

今回の想定6番人気以下の出走メンバーでこの項目に全て該当するのは

サクラアンプルール

シャケトラ

ヤマカツエース

以上です。普段はデータで全てを決める予想はしてないのですが、今回はお祭りなので、いつもと違う手法で予想してみました。

枠順次第になりますが、現在の穴馬最有力候補は

この馬👇現在ランキング80位前後

中央競馬ランキング

過去の穴馬全てに共通していた項目はもう一つ。G1連対馬か2200m以上のレースで馬券内あり。

ちなみに普段通りの予想で挙がったのは1頭だけでレインボーライン。普段ならこの馬で穴馬は確定です。ただ今回は違う視点で予想したので4番手候補に挙げておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です