日経賞2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は日経賞の本命馬予想です。

まず日経賞の枠順傾向から調べたいと思います。今回の登録馬は15頭なので、過去10年中でそれに近い14~16頭立ての傾向です。

その前に基本的に中山芝2500mは外枠不利ということ踏まえてデータを見て下さい。

日経賞に関しては外枠有利です。8枠はやや悪いが、5~7枠の複勝率が高い。

これは謎です。

内枠の馬場が荒れているという要因なら、他のレースでも同じ傾向が見られるはずだがそれは無い。だが1枠に関しては通常の傾向通り複勝率は良い。

そこで今度は6番人気以下の穴馬の枠順傾向を調べました。

こちらも1枠、5~7枠の複勝率が高い。

今回は特例ですが基本的には内枠有利だが、日経賞に関しては1枠、5~7枠有利と判断します。ちなみに馬番表記だと1番と7~13番になります。

では本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ上位3頭ですが

1 キセキ 2.6

2 トーセンバジル 3.8

3 ゼーヴィント 5.2

以上になります。この中から本命馬候補を選びたいと思います。

 

キセキ

鞍上ルメール。今回は海外帰りの1戦で前走香港ヴァーズでは惨敗。あの極悪馬場の菊花賞の影響か?そしてこの馬の一番の不安は脚質。毎回豪快な末脚を繰り出すが、今回の中山コースは明らかに向いてない気がする。ただ唯一のG1馬なので格だけで勝負になる気もするが‥

トーセンバジル

鞍上デムーロ。キセキと同じく海外帰りの1戦で前走香港ヴァーズでは3着。成績的に6歳にしてようやく本格化を迎えたか?格的にはキセキに劣るが、キセキより前に付けられるのでこの馬の方が中山向きだと思う。

ゼーヴィント

今回は七夕賞以来の実践。長期休養明けだが、8戦連続馬券内というのはやはり惹かれる。まだG1経験が無い馬で真の実力は未知だが、調教が良いようなら上記2頭に見劣りしないと思う。

 

以上が3頭の評価です。2頭は海外帰り、1頭は長期休養明けで不安のある馬が上位3頭を占めているが、全てが飛ぶとは考えづらい。

そして現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

誰もが思う発想だが、やはりこの乗り替わりは気になる。先週のファルコンステークスで福永騎手が主戦の1番人気のダノンスマッシュを降りてミスターメロディへ乗り替わりで1着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください