日経新春杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経新春杯2019の枠順確定後の最終結論です。

上位人気馬で抜けた馬はいなく混戦模様。

比較的荒れないハンデ戦ですが、狙っていきます。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

前に行きたい馬が外枠に偏った。

メイショウテッコンがハナを切ると思っていたが、枠順的にウインテンダネスが逃げる可能性も出てきた。

前に行きたい馬は外枠なので前半多少脚を使うリスクがある。

そうなると無難に内枠の先行・差しタイプの馬に展開利が出てきたのではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

資金配分は同額払い戻しに近くなるように設定しました。

今回は対抗馬3頭の3点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

1枠2番 グローリーヴェイズ(800円)

6枠12番 メイショウテッコン(500円)

8枠16番 ムイトオブリガード(700円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

狙っていたメイショウテッコンとムイトオブリガードが外枠配置になってしまった。

本当ならこの2頭で勝負なのだが、枠順的にグローリーヴェイズにもチャンス大。

この馬の持ち味は末脚だと思うが、この枠に入った以上包まれるリスクを回避するために先行策もあり得る。

そういう意味で今回は手広く対抗馬を3頭にしました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

狙っていた2頭の内ロードヴァンドールは外枠、シュペルミエールは上位人気馬となってしまった。

枠順傾向の記事も書いたが、狙うのは10番ゲート以内の穴馬。

枠順は問題なしで、血統も前回の記事で書いた父サンデー系×母父ノーザンダンサー系という相性が良い血統。

近走成績は不振だが、レベル的にここまで落ちればこの馬の復活もあり得る。

鞍上も久しぶりの好相性騎手に戻ったので、復活に賭けてみたい。