日経新春杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は日経新春杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2400m戦です。

基本的には紐荒れが多いレースですが、今年も穴が来るならせいぜい1頭でしょうか?

頑張ってその1頭を見つけ出したいと思います。

 


まず枠順傾向です。

比較的少頭数のレースが多いですが、今年は登録馬が17頭で久しぶりに多頭数のレースが見れそうです。

まず過去10年の馬番傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると基本的には外枠が不利と言えるでしょう。

13番ゲート以降では馬券圏内無しです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

 

これを見ると穴馬は10番ゲート以内までと判断できます。

基本的に穴馬は力が足りない馬。

それを補うのが枠順利であり、力が足りない馬が好走できる枠順こそ本当の有利な枠だと思います。

よって結論は両データで共通する

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

脚質的には後方馬以外は複勝率的にはほぼ互角。

ただ今回は逃げ馬候補で考えると近走逃げた経験のあるアイトーン・メイショウテッコン・ウインテンダネス・ロードヴァンドールがいます。

枠順で展開がどうなるかはわかりませんが少なくともスローペースにはならなそう。

そう考えると差し馬に分があるのではないかと思います。

今回の想定オッズ上位人気馬一桁台の馬はアフリカンゴールド・グローリーヴェイズ・ムイトオブリガード・メイショウテッコンの4頭ですが、差しタイプの馬は

 

グローリーヴェイズ
ムイトオブリガード

 

この2頭です。

展開的にはこの2頭は恵まれそうです。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系orミスプロ系で尚且つ母父にナスルーラ系orノーザンダンサー系orロベルト系orパーソロン系です。

過去5年で馬券圏内に来た馬の父はサンデーサイレンス系かミスプロ系しかいない

しかしそれだけではなくて母父まで限定するとナスルーラ系orノーザンダンサー系orロベルト系orパーソロン系です。

過去5年で15頭中このパターンは13頭該当します。

今回の該当馬は

 

エーティーサンダー
ガンコ
ケントオー
サラス
シュペルミエール
ルックトゥワイス
ロードヴァンドール

 

以上7頭です。

なんと上位人気馬が1頭もいません。

さすがにこのパターンは今回崩れそうですが、せめて1頭くらいは来るのではないでしょうか?

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父馬の血統背景から考えてとても2400mの馬ではない。

しかしこの距離で実績も残しているし、距離適性は問題視しなくても良いでしょう。

前走は長期休み明けでまさかの後方競馬。

しかしあの鞍上なら十分考えられる。

前走は度外視して叩き2戦目の今回は変わり身があるのではないでしょうか。

前走の敗戦で人気がガタ落ちになるなら穴馬としては面白い。

問題はペースと枠順の2点だけ。