日経新春杯2018 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は日経新春杯の本命馬予想です。

まず日経新春杯の枠順傾向です。少頭数なのでそこまで枠順に有利不利はないと思いますが、一応調べました。

まず今回は登録馬が13頭なので、データも過去10年中12~13頭立てのレースで調べました。サンプル数は4レースと少ないですが以下の通りです。

これを見る限り複勝率での有利不利は無さそうです。ただサンプル数が少ないので次にコースデータを調べました。2008年以降の同じく12~13頭立て限定のデータです。

このデータを見てもやはり複勝率での有利不利は無い。結論は今回の日経新春杯は枠順有利不利は無しとなります。ただロードヴァンドールみたいな逃げ馬は内枠がいいでしょう。

では現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台です。

1 ミッキーロケット 2.2

2 モンドインテロ 4.0

3 パフォーマプロミス 4.9

4 ソールインパクト 5.5

5 ロードヴァンドール 8.9

以上が上位5頭です。

ミッキーロケット

昨年の勝ち馬。飛躍の年になるかと思いきや、その後は善戦止まり。ようやく前走のG3で馬券内。印象としてはG3大将。G2でもG1でも善戦するがそこまで。昨年のこのレースにしても2着のシャケトラ以外は低レベルメンバー。毎年手薄なメンバーが多いこのレースだからこそ、昨年は勝てたと思う。しかし、今年も同じく手薄なメンバー構成。絶対とは言えないが、これなら十分足りるかと思う。

 

モンドインテロ

この馬もミッキーロケットと同じような評価。G3レベルまでの馬という印象だが、ここなら好勝負できると思う。この馬は近3走全て上がり2位以内。チャレンジカップではサトノクロニクルとコンマ1秒差の勝負をした。少頭数の今回なら末脚を十分発揮できるのではないか。昨年はミッキーロケットよりハンデ差1.5キロ重かったが、今回は逆に0,5キロ軽い。これなら逆転の可能性もある。

パフォーマプロミス

格下だが、距離延長してからの成績が急上昇。父もステイゴールドということを考えると頷ける。6歳馬だがキャリアもそれほど多くないのでまだ成長の余地がある。極め付けは鞍上デムーロ。怖い1頭である。

ソールインパクト

前走はハンデ戦とは言え、スワーヴリチャード、セダブリランテス、アルバート相手に2着に食い込んだ。前走がマグレかどうか今回である程度わかるはず。まだ未知数だが能力はミッキーロケットやモンドインテロより能力は高いのでは?

ロードヴァンドール

はっきり言って距離が長い。ダイワメジャー産駒でも超一流馬なら能力だけで何とかなるかもしれないが、適距離は2000mまで。ただ今回一人旅で逃げる公算大。バッサリ切りたいが、展開では1番恵まれてる。

 

以上が5頭の評価です。この5頭から本命馬候補を選びたいと思います。ミッキーロケットが抜けた人気だが、評価としては5頭は甲乙つけ難い。そして現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

今週はデムーロもルメールも参戦。トレンドから考えてこの二人を軽視して馬券を組み立てるのは危険かもしれないが、昨年この騎手は主戦騎手を降ろされても、それを跳ね返した実績がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください