新潟2歳ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は新潟2歳ステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは新潟競馬場で行われる芝1600m戦です。

フルゲート18頭に対して今回の登録馬は12頭で頭数としては寂しいですね。

 


まず枠順傾向です。

2013年から開催日が開幕10日目に変更になったので、データも2013年以降から調べたいと思います。

今回登録馬が12頭ですが、2013年以降で最低でも15頭立て以上しかありません。

ですので今回は馬番表記で頭数制限無しのデータで検索しました。

 

 

12番ゲートまでの複勝率を見ると2・3・7番ゲートが良いが、18番ゲートまで見るとフルゲートの大外枠も悪くない。

サンプル数も少なく微妙ですが特に偏った傾向も見られません。

 

今度はコースデータです。

2008年以降で同条件に近い2歳戦の開幕9~10日目限定データです。

レースデータと同じく頭数制限なしで、新潟2歳ステークスのデータは重複しないように除いています。

 

 

 

複勝率で見ると内過ぎず外過ぎず中枠有利です。

しかし今回出走馬は12頭以上にはならないので、そうなると4~10番ゲートがやや有利かなとも感じます。

ただサンプル数が少ないので微妙です。

 

レースデータとコースデータ共に決定的な傾向が見られませんでした。

よって結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2013年以降の開幕10日目のデータです。

 

 

 

このレースは競馬のセオリーである前有利に反して差し・追い込みが優勢です。

そして上り1位の複勝率が100%です。

ただ問題はこの時期の2歳馬は脚質が決まり切っていないということ。

それでも敢えて差し・追い込みの可能性が高い馬を選ぶとすれば、2戦連続で差し競馬で上り2戦連続最速の

ケイデンスコール

 

この馬ではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向は父or母父にナスルーラ系又は母父にロイヤルチャージャー系です。

 

エイカイキャロル
エルモンストロ

エンパイアシュアー
オーパキャマラード
ケイデンスコール
ヤサカリベルテ
ロードアクア

 

以上7頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統的には母父にロイヤルチャージャー系で傾向的には合っている。

そして今回の想定騎手を見渡すと一流騎手は全て札幌に行ってしまい、新潟は手薄状態。

その中でもこの馬の鞍上は2013年以降で当コースの複勝率が40%超え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください