新潟大賞典2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は新潟大賞典2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは新潟競馬場で行われる芝2000m戦です。

毎年荒れマクリのハンデ重賞。

こういうレースこそ穴馬をズバッと決めたいですね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

16番ゲートの複勝率は30%ではあるが、全体的に見ると一桁馬番の複勝率が平均的に高めです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも同じような傾向ですね。

外枠も来てはいるが、平均的に複勝率20%超えしているのは一桁番まで。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

直線の長い新潟競馬場だけあって差し馬が7勝で断然有利。

逆に逃げ馬は全滅という状態です。

ただ今回は逃げ・先行タイプが少ないですね。

そして上位人気馬は全て差し・追い込みタイプ

傾向とは違いますが、人気馬が後方で牽制し合って、穴馬の前残りという可能性も十分にあるのではないでしょうか?

エアアンセム・ドレッドノータス・ブラックスピネル・メールドグラース辺りが先行馬タイプ。

枠順次第ではこの馬達にチャンスがあってもおかしくないと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ハーツクライorステイゴールドorシンボリクリスエス又は母父にロベルト系orミスプロ系です。

長距離系種牡馬やロベルト系といったスタミナ色が強い血統が活躍しています。

今回の該当馬は

 

アストラエンブレム
エアアンセム
ショウナンバッハ
ブラックスピネル
メートルダール
ルックトゥワイス

 

以上6頭です。

上位人気馬ではメートルダールとルックトゥワイスは血統傾向・脚質傾向でマッチしてますね。

1番人気馬は過去10年で馬券内2回だけで、3・4番人気想定のこの2頭は妙味ある人気馬ではないでしょうか。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回の展開を考えると、敢えて前残りに賭けてみたい。

父はロベルト系で母父はミスプロ系の芝・ダート兼用馬だったアグネスデジタルで、いかにもスタミナ・パワー重視の血統構成。

鞍上は現在関東では戸崎騎手と並ぶほどの実力を挙げてきた騎手で、コース実績も十分にある。

現状想定人気で買えるなら狙ってみたい1頭です。