新潟大賞典2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は新潟大賞典の枠順・脚質・血統傾向です。

 

まず枠順傾向です。過去10年の傾向は以下の通りです。

これを見ると勝率・複勝率共に5枠までが有利と言えそうです。

今度はコースデータです。まだ芝が傷んでない開幕1~4日目までで2008年以降16頭立てのデータです。今回はサンプル数が少ないので、新潟大賞典のデータは重複しないように検索しました。

このデータを見るとイマイチ傾向が掴めないですね。勝率は内枠で複勝率は外枠という感じになっています。

 

結果、コースデータとレースデータが不一致でした。確実な判断材料が無いですし、このコースは直線も長く、ワンターンのコース。基本的には有利不利は少ないはずなので、結論は

枠順傾向はフラット

 

と判断します。

 

次に脚質傾向です。

以下が過去10年の傾向です。

これを見ると逃げ馬は長い直線だけあって全滅。差し追い込み馬に有利なレースと言えるでしょう。

ここで面白いデータを発見しました。

1~5番人気の脚質別成績と6番人気以下の脚質別成績です。

 

(1~5番人気の脚質別成績)

圧倒的に差し・追い込み有利です。

 

(6番人気以下の脚質別成績)

今度は逆に先行馬有利になってます。

 

データからみると軸馬は差し追い込み馬、穴馬は先行馬という考えもありでしょう。

 

最後に血統傾向です。

このレースの活躍馬の傾向は父と母父が

ヘイルトゥリーズン系とヘイルトゥリーズン系

ヘイルトゥリーズン系とネイティブダンサー系(逆でも可)

です。今回この条件に当てはまる馬は

カレンラストショー
スズカデヴィアス
ノットフォーマル
マイスタイル

の4頭です。さすがにノットフォーマルは買えないですが、他3頭は馬券内に入れても良いかもしれません。

 

以上です。そして現時点での注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング
今回は逃げないで先行策ならチャンスがあるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です