愛知杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は愛知杯2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

まず2番人気1枠1番レッドジェノヴァですが上手く先行できれば絶好枠、出来なければ包まれて抜け出せずという判断が難しい枠順です。

そして1番人気7枠11番ノームコアは逆にやや外枠過ぎかな?

先行馬ですのでせめて3~4枠辺りが良かったでしょう。

 

荒れる愛知杯ですが、今回はルメ・デムの参戦により荒れ要素は例年より減ったかもしれません。

この両騎手が圏外に消えるという馬券の組み方も賢い選択とは思えません。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

7枠11番 ノームコア(1700円)

 

(抑え馬)

1枠1番 レッドジェノヴァ(300円)

 

上記でも書きましたがルメ・デムの2択だと思います。

どちらも捨て難かったのですが、回収率の関係上どちらかを抑えに回すしかありませんでした。

最終的な判断は3着以内に入る無難な馬はどちらかということ。

レッドジェノヴァはやはり包まれた時のリスクが高そうで、出遅れ癖のあるデムーロ騎手というのが心配です。

ですがはっきり言ってどっちに転ぶか分かりません(;^_^A

実際にレッドジェノヴァはノームコアに前走先着している訳ですし‥‥

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

本命馬予定だったレイズアベールが4番人気でちょっと驚き。

それならば過少評価されすぎなランドネは絶好の馬なんですが、これまた昨年くらいから決めたマイルールがありまして、基本的に関西圏の重賞レースの戸崎騎手は買わない

ネット上でもデータ的にそんな記事があったと思います。

来たら交通事故だと思って諦めます。

ということで今回の本命馬は第二候補だったこの馬。

遅咲きの馬で5歳の昨年頃から頭角を現してきた。

ベスト距離は2000mでこの距離なら牡馬相手でも走る。

特に中京芝2000mは前走も牡馬相手に4着、昨年もこのレースで激走している。

脚質的に今回の枠順は包まれるリスクもあるが、そこは騎手頼みです(;^_^A