愛知杯2018 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は愛知杯の予想最終結論です。

まず現在のオッズを見て驚いたのが、タニノアーバンシーが2番人気。デムーロ効果は凄いと改めて感じました。しかし、いくら何でも2番人気は過剰人気です。

逆にクインズミラーグロが8番人気。しかし3連複・3連単で見ると5番人気くらい。タニノアーバンシーは6番人気といった感じ。これが正常なオッズだと思う。

まず本命馬ですが、こちらは当初と変わらず

◎マキシマムドパリ

この馬で決まりです。トップハンデだがやはり戦績から考えても馬券内最有力候補です。

問題は穴馬ですが、クインズミラーグロがここまで人気が落ちるとは思わなかったので馬券妙味はあるのですが、立ち回り勝負が上手いこの馬にとって、12番ゲートは明らかに不利。

そこで今回は枠順傾向の記事でも書いた通りに、1~4番ゲート内で決め打ちしようと思います。狙うはゲッカコウorギモーブ

そして穴馬最終結論は

この馬☟

中央競馬ランキング

前走タニノアーバンシーに先着しているにもかかわらず、この人気差。それならば狙わずにはいられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください