弥生賞2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回は弥生賞2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走クラスOP以上(例外年無し)

① 前走着順or人気が1着or1番人気(例外年無し)

 

以上になります。

過去10年でこのパターンに例外はありません

今回の該当馬は

 

ラストドラフト

 

この1頭です。

今回はこの1頭をデータ推奨馬とします。

ただラストドラフトは京成杯勝ち馬という点が気になる。

正直レースの格的にはかなり落ちるので、そこが気になるところです。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 新馬を除く前走OPクラス以下の馬は前走着順or人気が2着以内or3番人気以内

② 前走重賞組は6着以内

①と②のどちらにも当てはまらない例外年は3回です。

 

以上になります。

例外年3回は上位人気独占の2014年と2016年と2018年です。

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ブレイキングドーン
メイショウテンゲン

 

この2頭です。

クリノガウディーも対象馬でしたが回避予定でスプリングステークスへ。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

弥生賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

個人的にはイマイチこれと言った強調点が少ないのだが、新馬でホープフルステークス2着のアドマイヤジャスタに完勝している。

成績的には段々底が見えてきた感じだが、ニシノデイジー以外は未知数の馬が多い今回のメンバーなら3着のチャンスはあると思う。