弥生賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は弥生賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦です。

近年はステップレースとしてはスプリングステークスや共同通信杯の方が重視されています。

今回もメンバー的には小粒な印象ですが、このレースは意外と荒れるので楽しみな1戦です。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

近年少頭数で行われることが多く、これを見ると内外であまり有利不利はありません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬が3頭しかいないのでデータ不足ですが、その内2頭が4番ゲート以内にいます。

今回は不本意ですがデータ不足なので、改修工事前も含めた過去10年の穴馬枠順傾向を調べました。

 

 

やはりこちらも内枠に偏っています。

5番ゲートまでと判断して良いでしょう。

ただ1番ゲートの悪さが気になりますが‥‥

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

1~5番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見る限りでは追い込み馬以外は特に脚質を気にすることも無さそうです。

ただデータだけで考えると、ニシノデイジーは今回のメンバーでは追い込み馬の部類に入ると思うのでちょっと嫌な材料ですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト又は父or母父にミスプロ系です。

これで12頭中11頭が該当します。

今回の該当馬は

 

カントル
サトノラディウス
メイショウテンゲン
ラバストーン
ヴァンケドミンゴ

 

以上5頭です。

想定オッズで見ると、カントルサトノラディウス以外は離されたオッズになっています。

手堅く考えるなら、血統的にはこの2頭が軸向きでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

母が晩成だったのでこの馬もその可能性もあるが、母はエリザベス女王杯2着馬で牡馬混合重賞でも勝っている。

オッズ的には厳しいが、父の血統も考えると簡単には見限れない。