弥生賞2018予想 最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は弥生賞の最終結論です。

チューリップ賞は4着以内が全て1~4番人気内で決まってしまいました。このレースもそうなる予感がしますが、敢えて攻めます。本命馬は

◎ジャンダルム

この馬で決まりです。この馬の長所は要所で素早く動けること。ダノンプレミアムはともかく、ワグネリアンやオブセッションよりは前目に付けられるし、何より内枠に入ったことによって立ち回りで勝負になるのではないだろうか。

問題は穴馬です。穴馬というからにはダノンプレミアム・ワグネリアン・オブセッションは消します。ジャンダルムが本命ということは残り2席なので上位人気3頭の内2頭が馬券外にならなければなりません。多分ダノンプレミアムの馬券内は堅そうなので、ワグネリアンとオブセッションが馬券外想定です。可能性的には低いですが敢えて攻めます。その穴馬とは

この馬☟

中央競馬ランキング

コース適正良し。メンバー的に展開恩恵あり。穴馬はこれしかいない。欲を言えば内枠が欲しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください