平安ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は平安ステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われるダート1900m戦で、近2年は荒れています。

今年も絶対的な馬がいないので、楽しみな1戦です。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2013年から距離と開催時期が変更となっているので、2013年以降のデータを調べました。

過去6年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると内も外も偏りが無いように思えます。

ただ内枠は飛び飛びで好走馬が出ているのがちょっと気にはなりますが‥

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去6年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、穴馬は外枠からは殆んど出現していません。

区切るなら10番ゲート以内まででしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去6年のデータは以下の通りです。

 

 

ダート戦ですから当たり前ですが、これを見ると断然逃げ・先行有利です。

現在1番人気想定のオメガパヒュームですが、この馬は完全に差し・追い込みタイプの馬。

今回ある程度先行馬は揃っているので、ペース的に前有利とも言い切れませんがデータ的にはオメガパヒュームは軸向きとは言えませんね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系・ノーザンダンサー系以外又は母父にミスプロ系です。

このレースは父がミスプロ系・ノーザンダンサー系の馬は非常に成績が悪い。

過去5年の複勝率で調べると複勝率9%以下です。

今回想定人気1・2・4番人気のオメガパヒュームとチュウワウィザードとアナザートゥルースはミスプロ系で傾向的には割引材料です。

 

今回の該当馬は

 

クイーンマンボ
グレンツェント
サトノティターン
サンマルデューク
サンライズソア
トラキチシャチョウ
ハイランドピーク
マイネルオフィール
メイショウスミトモ
モズアトラクション
ロンドンタウン

 

以上11頭です。

ただ戦績的に赤字のサンマルデューク・トラキチシャチョウ・マイネルオフィール・メイショウスミトモ・モズアトラクションはバッサリ切り捨てても良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近走はかなり安定した走りを見せている。

脚質的に前目で競馬をするのも好材料。

人気的には美味しい穴馬とまでは言えないが、今の勢いで内枠配置になるようなら狙ってみたいです。