平安ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は平安ステークスの枠順・脚質・血統傾向です。

 

では枠順傾向から調べたいと思います。

平安ステークスは開催時期・距離変更してから5年経過しました。ですので過去5年の枠順傾向を調べました。

これを見ると、7枠だけ成績が悪い。そうなると8枠の馬券内になった2頭がどんな馬だったか気になります。 調べてみると

1番人気 アスカノロマン 4角1番手 1着(2016年)

4番人気 ワイルドフラッパー 4角3番手 3着(2014年)

外枠なら人気の先行馬でないと買えないのでは?と思える内容です。ちなみに7枠の人気馬だった馬を調べると

1番人気 アジアエクスプレス 4角1番手 5着(2015年)

2番人気 ジェベルムーサ 4角4番手 4着(2014年)

人気先行馬でも外枠はやや割引かなと思える内容です。

今度はコースデータです。レースデータが2013年以降の過去5年だったので、コースデータも2013年以降のフルゲートで調べました。

このデータを見ると7枠8枠の複勝率はやや落ちます。勝率は悪くないですが‥‥絶対に7枠8枠が来ない訳では無いですが、結論は

 

7枠8枠不利

 

と判断します。ただし先行馬は見限らない方が良いと思います。

 

次に脚質傾向です。

 

過去5年の傾向は以下の通りです。

ここまで極端なのも珍しいくらい逃げ先行馬が圧倒的有利です。

このデータだけで考えたら、今回2強のグレイトパールとテイエムジンソクは先行馬なので鉄板馬なのではないでしょうか。

もう穴を狙う席は1席しかないような気がします。

 

最後に血統傾向です。

 

平安ステークスの血統傾向としては父か母父にミスタープロスペクター系、これが活躍しています。

今回のメンバーで除外予定馬を除くと

アスカノロマン
クリノスターオー
グレイトパール
テイエムジンソク
トップディーヴォ
ナムラアラシ
マイティティー
メイショウウタゲ

以上が該当馬になります。ただ中にはもう峠を越してる馬もいるし、脚質傾向とは真逆の馬もいるし、戦績的に厳しい馬もいるし、ここから穴を狙うのは難しいかなと思ってます。

 

以上です。

ちょっと厳しいかなと思いますが、現時点の注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です