小倉大賞典2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は小倉大賞典2019の枠順確定後の最終結論です。

今週は多忙でフェブラリーステークス以外の記事は全く書けませんでした。

データ等も色々あるのですが、省略さて頂きます。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

記事を書けませんでしたが、枠順傾向では1・2番ゲート有利と判断しています。

今回はとにかく逃げ・先行馬が多い。

ハイペースの可能性が極めて高いので、前有利のこのレースでも今回は差しタイプの馬に分があるかもしれません。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

3枠4番 マウントゴールド(1700円)

 

(抑え馬)

5枠8番 マイスタイル(300円)

 

前走は痛恨の出遅れで競馬にならなかったマウントゴールドだが、2走前は京都記念の1・2着馬のダンビュライトとステイフーリッシュに先着している。

今回出遅れさえなければ、前に行きたい馬を行かせて4・5番手で我慢して先行粘りこみという見解。

マイスタイルは前走パクスアメリカーナとの好勝負が光る。

絶対に逃げなくてはダメという馬でもなく、3番手辺りでの競馬が理想です。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

前走は出遅れが全て。

G3レベルなら常に馬券圏内争いをしている馬なので、ベタですがやはりこの枠に入った以上勝負するしかないです。