小倉大賞典2018予想 最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回は小倉大賞典の最終結論です。

トリオンフが単勝200円台でそれ以下のオッズはかなり割れてます。どの馬でも本命にできそうなオッズです。人気所では先行脚質の馬は多いでしょうが枠順的にダノンメジャーは絶好枠ではないでしょうか。

しかしこの馬も枠順的には良いところを引きました。小倉経験が無いのと長期休み明けはやや不安ですが、本命は当初の予定通り

◎ダッシングブレイズ

この馬で決まりです。そして穴馬ですが、当初は絶好枠のスズカデヴィアスでした。しかし今回枠順の影響でかなり評価が下がった馬がいます。実績に反比例してこのオッズなら狙ってみたい。それは

この馬☟

中央競馬ランキング

外枠配置ははっきり言ってプラス材料ではないです。ですが幸いなことに内枠でそれほど前を主張してくる馬はいない。多少脚を使ってもインへ切り込んでいければ、自分の型に持ち込める可能性もある。同型が1頭いるのでそこが懸念材料だが‥しかし馬券妙味は十分である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.