富士ステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は菊花賞2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

10番人気以下が絡みやすく比較的に大穴が出やすいレースです。

しかも以下の条件では6番人気以下が絡む傾向があります。

多く共通するポイントは

 

① 前走距離が1600m戦

② 牡馬

以上になります。

今回の想定6番人気以下の該当馬は

 

ウインガニオン
クルーガー
ゴールドサーベラス
ストーミーシー
ヒーズインラブ
ヤングマンパワー

 

この6頭です。

少し多いですが、今回はこの6頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズは以下の通りです。

 

1 エアスピネル 3.0
2 ペルシアンナイト 3.6
3 ジャンダルム 5.3
4 ロジクライ 5.8
5 ワントゥワン 7.0
6 レッドアヴァンセ 10.6
7 ウインブライト 41.2
8 ハクサンルドルフ 42.4
9 デンコウアンジュ 57.3
10 ハッピーグリン 68.7
11 マルターズアポジー 75.4
12 クルーガー 76.3
13 ヒーズインラブ 96.2
14 ヤングマンパワー 112.8
15 ウインガニオン 124.3
16 ストーミーシー 206.5
17 ガリバルディ 440.2
18 ゴールドサーベラス 463.0

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げます。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

富士ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今回は爆穴です。

過去傾向から見ても二桁人気馬がよく来るレース。

ポイントは血統傾向とデータ推奨馬、そして鋭い決め手と近5走全てで1着馬からコンマ5秒差以内で善戦する安定性です。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

エアスピネル

昨年の覇者でもあり、老け込む年でもない。

マイルでの安定性は抜群。

想定オッズも一本被りになる気配もないので配当的にも狙えそうな気がする。

唯一の不安は半年以上の休み明けの1点だけ。

 

ペルシアンナイト

昨年は不良馬場が響いたか5着という結果でした。

この馬は強いと思うのですが、イマイチ安定性に欠ける。

本番に向けての試走となれば、昨年の再現も?

絶対的な信頼は置けないというのが現時点での判断です。

 

ジャンダルム

本当にこの馬が3番人気になるのかと言うのが正直な感想。

前2走がG1 とは言え、連続1秒差以上の負けと言うのは気がかり。

今回は静観が妥当だと思います。

 

ロジクライ

今回上位人気馬の中では唯一の先行馬。

人気はソコソコだが、他の有力馬が叩き台ということを考えると逆転があってもおかしくない。

ただ1着というイメージは無くワイド向きな2・3着候補です。

 


以上で記事は終わりです。

現時点ではジャンダルムが最も危険な人気馬ではないでしょうか?

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング