富士ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は富士ステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ガリバルディ
1枠2番 ストーミーシー
2枠3番 デンコウアンジュ
2枠4番 ウインブライト
3枠5番 ゴールドサーベラス
3枠6番 エアスピネル
4枠7番 ウインガニオン
4枠8番 ロジクライ
5枠9番 ハクサンルドルフ
5枠10番 ヤングマンパワー
6枠11番 ワントゥワン
6枠12番 クルーガー
7枠13番 ペルシアンナイト
7枠14番 レッドアヴァンセ
7枠15番 マルターズアポジー
8枠16番 ハッピーグリン
8枠17番 ヒーズインラブ
8枠18番 ジャンダルム

 

赤字の馬が現在単勝一桁台の上位人気6頭です。

上位人気馬は脚質に合った良い枠順に入ったと思いますが、7枠14番レッドアヴァンセ8枠18番ジャンダルムはやや良くない配置となったと思います。

レッドアヴァンセは先行馬です。

この位置では先行集団に取り付くまでに余計な脚を使ってしまいそうです。

そしてジャンダルムは差し馬なので外枠でも問題無さそうですが、それでも18頭立ての大外はあまり歓迎できないです。

 

今回の展開のポイントはやはりウインガニオンマルターズアポジーの逃げ合戦。

逃げるのはマルターズアポジーでしょうが枠順的にウインガニオンが内にいる以上、スタートで相当な脚を消耗しそう。

展開的にはハイペースが濃厚な気がします。

ただ3番手に取り付く馬がどの程度の位置で競馬をするか?

この辺りで競馬が出来そうなが馬券圏内に最も近い馬ではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は単勝一桁台の馬から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

3枠6番 エアスピネル(1000円)

4枠8番 ロジクライ(1000円)

(抑え馬)

今回は無しです。

 

この2頭です。

選んだポイントはマイナス要素が少ないからです。

まずこのレースは牝馬の成績が良くない。

過去10年の馬券圏内30頭中牝馬は1頭だけ。

これに該当するのは

 

ワントゥワン
レッドアヴァンセ

 

そして実績から言って休み明けが明らかにマイナスで叩き台濃厚で且つ斤量59キロの

 

ペルシアンナイト

 

G1とは言え近2走連続1秒差負けで成長力に疑問が残る

 

ジャンダルム

 

そう考えるとエアスピネルorロジクライのどちらかは馬券圏内有力だと考えました。

 

最後に本命馬ですが‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

狙っていたレッドアヴァンセは売れすぎ。

ストーミーシーは単勝100倍超えでリスキー過ぎる。

そこで再考した馬は前回の記事で書いた血統傾向と過去データ推奨馬に合致する馬。

さらに付け加えると単勝二桁台がやたらと来るこのレース。

その観点からとコース実績を考慮して選んだ馬がこの馬です。