富士ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は富士ステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦です。

昨年はエアスピネルが快勝しましたが、得意の重馬場でした。

今年は良馬場での開催が予想されます。

果たして2連覇できるでしょうか?

 


まず枠順傾向です。

出走馬が確定してフルゲートのレースとなりました。

過去10年でフルゲート開催は3回です。

サンプル数は少ないですが、以下がその傾向です。

 

 

勝率は内枠で複勝率は外枠という感じです。

特に有利不利は無さそうです。

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降でフルゲート限定、開催日は同条件に近い開幕5・6日目です。

 

 

これを見ても特に偏った傾向は見られません。

やや5枠の複勝率が高いという程度です。

よって今回は

 

枠順有利不利無し

 

これが今回の結論です。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

これを見る限りでは先行馬有利と判断して良いでしょう。

ただ今回上位人気馬で先行脚質の馬は少ない。

 

ロジクライ

 

この馬だけが完全に先行馬です。

鞍上もルメール騎手で手頃な人気馬ですので妙味ある馬だと思います。

 


最後に血統傾向です。

考えましたが今回は傾向が掴みにくいです。

父方で特徴が出ているのですが、まずは父ディープインパクト又は父ミスプロ系orノーザンダンサー系です。

はっきり言って該当しない馬の方が少ないです。

一応、該当馬を言いますと

 

エアスピネル
ガリバルディ
クルーガー
ジャンダルム
ストーミーシー
デンコウアンジュ
ハクサンルドルフ
ハッピーグリン
ヒーズインラブ
ペルシアンナイト
マルターズアポジー
ヤングマンパワー
レッドアヴァンセ
ワントゥワン

 

以上14頭です。

今回は血統傾向から絞り切るのはちょっと難しいです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向から考えると、敢えて強調するならディープインパクト産駒。

牝馬という点がやや不安要素ではあるが、リスグラシューやアエロリットと差の無い競馬をした実力を考えると3着くらいなら狙える馬だと思います。