富士ステークス2017 本命馬予想

こんばんわ。ワイド師です。今回は富士ステークスの本命馬予想です。ブログ移転後の競馬初記事ですが、いつもと変わらず予想したいと思います。

まずは現在のオッズ上位4頭です。

1 ペルシアンナイト 3.9

2 エアスピネル 4.0

3 グランシルク 4.9

4 イスラボニータ 7,1

4強オッズ構成となっていますが、4頭は差の無いオッズです。

ペルシアンナイト

今年の3歳牡馬は弱いと言われてきましたが、その3歳馬がエアスピネル、イスラボニータを抜いて現在1番人気。古馬初対決にもかかわらず、デムーロ騎乗で実力以上に人気が底上げされてる感じがする。だが、前走以外は全て馬券内。皐月賞2着と実力が無い訳ではない。迷う1頭です。

エアスピネル

この馬は武騎手からルメール騎手へと主戦騎手が変わった。にもかかわらずルメールはイスラボニータを選んだ。この1点がどうしても気に掛かる。成績を見ても4歳以降成績がイマイチ。3歳までの活躍がまだオッズに影響している印象がある。あまり買いたいとは思わない。

グランシルク

はっきり言ってこの馬、大好きです。ワイド馬券の典型的な軸馬です。ただ実力的には、このメンバー相手にどうなのか?穴馬ならともかく、本命馬としてはパンチが足りない。田辺騎手に乗り替わって、前走以上に真価を発揮するかもしれないが、不確定要素が多い。

イスラボニータ

大外枠は正直不利である。この頭数で15番ゲートは過去10年のデータを調べたが、やはり複勝率が落ちている。特に先行脚質のこの馬にとってこの枠は有利にはならない。だが実力は確実にこのメンバーで1番。そして騎手がルメールなので、期待感はある。

この4頭でエアスピネルとグランシルクは本命馬としては厳しい。残る2頭、ペルシアンナイトとイスラボニータが本命馬候補となりそう。そして現在の本命馬候補の最有力馬はこの馬👇
                 

血統的には今勢いがある。前走も着順ほど離された訳でもない。主戦騎手に戻る今回は期待できるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です