宝塚記念2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回は宝塚記念の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ステファノス
1枠2番 ノーブルマーズ
2枠3番 サトノダイヤモンド
2枠4番 ミッキーロケット
3枠5番 ストロングタイタン
3枠6番 アルバート
4枠7番 パフォーマプロミス
4枠8番 ダンビュライト
5枠9番 サトノクラウン
5枠10番 ヴィブロス
6枠11番 サイモンラムセス
6枠12番 タツゴウゲキ
7枠13番 ワーザー
7枠14番 スマートレイアー
8枠15番 ゼーヴィント
8枠16番 キセキ

 

現在1番人気サトノダイヤモンドは2枠3番。これはあまり良い枠順ではないですね。

大阪杯も内で包まれて動けなかった。このままだと前回の二の舞になりそう。

ただそうなると序盤で無理にでも押し上げていくしかない。

 

現在2番人気キセキは8枠16番。宝塚記念は8枠有利とされているが、それは少頭数レースを含めての話。

例えば昨年サトノクラウンが勝った8枠11番と今年の8枠16番では同じ8枠でも別物

ゴールドシップも同じで連覇した時の枠順は共に8枠だったが、馬番は10番・11番だった。

これで宝塚記念は8枠有利と考えるのは安易すぎる。

しかし、キセキの場合は末脚が武器であるので内枠に入るよりはマシだったと思う。

できれば6枠くらいが理想だったかな。

 

現在3番人気5枠10番ヴィブロスや現在4番人気4枠7番パフォーマプロミスは枠順的には及第点といったところでしょうか。

 


そして最終結論ですが、まず対抗馬は上位人気馬から4頭中3頭選びます。

今回はワイド本線2点+抑え1点の3点勝負です。

掛け金は目安として2000円勝負です。

(対抗馬)

◎―〇 キセキ (1000円)

◎―〇 パフォーマプロミス (800円)

◎―△ ヴィブロス (200円)

消 サトノダイヤモンド

 

対抗馬〇2頭は現時点のオッズで同額払い戻しになるように資金配分しています。

抑えは元返しです。

 

キセキこの記事でも書きましたが、上り1位の馬が過去10年で11頭いてパーフェクト連対という傾向があります。

この馬がこれに当て嵌まる最も近い馬ではないかということで対抗馬にしました。

 

対抗馬2頭目のパフォーマプロミスは正直ヴィブロスと悩みました。

実績的には劣るのですが、ステイゴールド産駒はこのレースと相性が良い。

そして他の有力馬と比べ国内で順調に使われている点で対抗馬としました。

 

抑えのヴィブロスは距離適性の不安、2度の中山記念敗退という国内牡馬相手だと1枚落ちるのではないかということで押さえ評価です。

 

消しのサトノダイヤモンドはズバリ勢いの止まったディープ産駒は消しです。

 

そして本命馬は‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

土曜日は雨が降り現時点では重馬場。当日は晴れ模様でどこまで馬場が良化するかがポイント。

稍重かあるいは良馬場だと思うのですが、少なくともパンパンの良馬場にはなり得ない。

そういう馬場なら実績と妙味を考えてこの馬から入りたいと思います。

 

最後まで迷った馬ダンビュライト、この馬も要注意かも‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください