安田記念2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は安田記念の枠順・脚質・血統傾向です。

ブログ名を変えて新たなスタートです。気合入れて頑張ります。


まずは枠順傾向です。

今回はフルゲートか17頭立てくらいになると思うので、対象レースは過去10年中17頭立て以上です。

これを見ると、2枠3枠は勝率・複勝率共に良いですが、1枠と8枠を見比べると勝率・複勝率共に差はありません。勝馬も外枠から出ているのでフラットではないでしょうか。

今度は穴馬枠順傾向で調べます。5番人気以下の傾向は以下の通りです。

これを見ると、中枠が悪いですね。内と外の成績が良いようです。ただ内か外のどちらかが良いのであれば傾向として成り立ちますが、中枠だけというのは信ぴょう性に欠けます。これもフラットと判断します。

よって結論は

 

枠順有利不利無し

 

と考えます。


次に脚質傾向です。

枠順傾向と同じく過去10年の17頭立て以上が対象です。

これを見てどう思うか?確かに上り勝負の馬が強そう。しかし先行馬も比較的健闘している。今回上位人気馬は全て差し・追い込みタイプ穴馬を狙うなら先行馬狙いも面白いかもしれない。

アエロリットなんて人気的にも狙いやすそうです。


最後に血統傾向です。

顕著な傾向では父or母父にノーザンダンサー系内包馬です。ミスプロ系は殆んど活躍していません。

今回出走予定のノーザンダンサー系内包馬は

アエロリット
ウインガニオン
ウエスタンエクスプレス
キャンベルジュニア
サトノアレス
サングレーザー
ダッシングブレイズ
ヒーズインラブ
ブラックムーン
ペルシアンナイト
モズアスコット
リアルスティール

かなり多いです。1番人気想定のスワーヴリチャードは母父にミスプロ系でここには載っていない。ちょっと嫌な材料です。


以上で傾向考察は終わりです。

そして今回の注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

全く人気はありませんが、4戦連続上り2位以内。父はノーザンダンサー系で現在2連勝中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください