天皇賞春2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞春2019の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

その前に近走成績から考えてクリンチャーが4番人気とは考えられない。

今回はメイショウテッコンを4番人気想定とします。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走日経賞or阪神大賞典or大阪杯で3番人気以内or3着以内(例外年無し)

 

以上になります。

この条件で例外年はありません。

今回の該当馬は

 

エタリオウ
メイショウテッコン

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

フィエールマンの前走AJCCは傾向的には異色ローテ、ユーキャンスマイルの前走ダイヤモンドSは好走例は過去1度だけでレースの格的に劣ります。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走G2クラス以上で2着以内or阪神大賞典組(例外年3回)

 

以上になります。

阪神大賞典組なら着順等は問いません。

例外年3回は上位人気馬独占の2017年と2018年、そして16番人気が突っ込んできた2010年です。

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カフジプリンス
グローリーヴェイズ
ケントオー
リッジマン
ロードヴァンドール
ヴォージュ

 

この6頭です。

今回はこの6頭をデータ推奨馬とします。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

天皇賞春2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

狙っていたグローリーヴェイズの鞍上が戸崎騎手決まった。

なんてこった‥‥残念ながらこの時点で消します(-_-;)

過去の関西G1の戸崎騎手の成績は45戦中馬券内4回。

その4回は2歳G1が3回と桜花賞の1回。

要は500万レベルとG1クラスの馬が一緒に走っている若駒戦で単純に強い馬に乗った時だけという個人的な判断です。

 

話しは逸れましたが、今回の穴本命候補は正直G1では足りない。

ただG2クラスは勝っているので能力が無い訳では無い。

この馬を狙う要素は血統的な可能性だけ。

父ステイゴールドで3000m以上のレース経験は1度も無し。

但し内枠が必須条件です。