天皇賞春2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞春2019の枠順確定後の最終結論です。

現時点でオッズも出て予想も固まったので、いつもより早く最終結論を出します。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点ではクリンチャーが4番人気ですが、近走実績と枠順を考えると最終的にはメイショウテッコンが4番人気想定です。

 

枠順傾向の記事で1~7番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬4頭は内と外で別れました。

まずは2枠2番エタリオウですが、絶好枠なんですかね?

調べたのですが、過去10年の天皇賞春で差し馬が馬券内に来た頭数は13頭で、その内5番ゲート以内から差してきた馬は1頭だけ。

個人的にはこの枠は良くないと思います。

 

そういう意味では差し馬の6枠9番ユーキャンスマイル7枠10番フィエールマンは有利枠には入らなかったが、悪い枠とも言えないでしょう。

最後に4枠5番のメイショウテッコンですが、枠順的には問題なしで好枠でしょう。

ただヴォージュが逃げ宣言していて、大外枠のロードヴァンドールもこの枠に入った以上意を決して2番手辺りかまさかの逃げ合戦もあるかもしれない。

逃げれないと脆いメイショウテッコンが勝つためには逃げるしかないと思います。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

現在試験的にワイド・馬連・複勝の併用馬券で勝負しています。

穴本命が来た時には必ず利益になる複勝、爆発力の馬連、そしてその中間のワイド3券種併用馬券です。

 

3券種の資金配分は同額です。

掛け金は目安として1800円設定です。

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から3頭選びます。

 

そして今回4番人気以内で消馬メイショウテッコンです。

消した根拠は展開です。

鞍上の福永騎手の性格から考えても強引にハナを奪うとは思えない。

やはりこの馬は逃げてこその馬だと思います。

 

それでは今回の買い目ですが

 

(ワイド・馬連) 基本的に同額資金配分

穴本命馬ー〇2枠2番 エタリオウ (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇6枠9番 ユーキャンスマイル (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇7枠10番 フィエールマン (ワイド・馬連各200円)

(複勝)

穴本命馬 ????? (600円)

 

計1800円です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

過去記事で書いた枠順・血統・データの3項目で全て合致した。

実績不十分で京都コースにも疑問はあるが、距離適性と近走成績から考えて今が成長期とも思えるこの馬を穴本命馬とします。