天皇賞春2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は天皇賞春2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝3200m戦です。

シャケトラが調教中に骨折して安楽死処分となってしまいました。

これにより、フィエールマンとエタリオウの2強オッズに拍車がかかりそうです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

有名な話ですが、このレースは1枠が反則的に有利です。

過去10年で1・2番ゲートで5勝というのは異常。

ただ複勝率で見ると16番ゲートまでは特に不利とも言えない。

今年はMAXで14頭立てなので、不利な枠は無い。

ただ1・2番ゲートが超絶有利ということだけ。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

本来なら1・2番ゲート有利で話が終わるのですが、有利枠順を極端に狭めると選択肢も非常に少なくなるのを2週間ほど前に学習しました。

そこで今回はデータの中に平均人気と平均着順を載せてみました。

ポイントは平均人気に対して平均着順が上回ってるかどうか。

1・2番ゲートが有利ということは基本的には内枠が有利ということ。

それを踏まえてデータを見てみると、1~7番ゲートまでが綺麗に全て平均人気に対して平均着順が上回ってる

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると勝率は逃げ、複勝率は先行という感じです。

基本的に前目で勝負できる馬が有利なようです。

ただ想定オッズ上位3頭は基本的に差しタイプ。

枠順とロードヴァンドール次第ですが逃げたらしぶといメイショウテッコンは狙い目な気がします。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ステイゴールドorハーツクライです。

ベタですがやはり春天とくればこの2大種牡馬ですね。

今回の該当馬は

 

エタリオウ
カフジプリンス
チェスナットコート
パフォーマプロミス
プリンスオブペスカ

 

以上5頭です。

エタリオウは血統的に上位勢では一番信頼が置けそうです。

逆に前走1600万クラス3着のプリンスオブペスカはさすがに要らないと思います。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

長期休養明け後の成績が安定してきた。

血統的にもまだ成長段階かもしれない。

実績的には厳しいが、血統・距離適性は間違いなく合っている。

菊花賞で3番人気にもなったことがある馬で、内枠先行が出来ればノーチャンスでは無いと思う。