天皇賞春2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回は天皇賞春の枠順・脚質・血統傾向です。

まず枠順傾向からですが、このレースの有利な枠は有名で反則的に1枠が有利。ということで早速過去10年の傾向を調べると‥‥

1枠の勝率が尋常じゃない。次いで2枠の複勝率が良いです 。6枠の複勝率も意外と良い。このような結果です。

では穴馬はどの枠から多く出ているのかも調べます。6番人気以下で調べると‥‥

やはりこちらも1枠、次いで2枠の順です。

よって結論は

 

1~2枠が有利

 

と判断します 。

 

今度は脚質データです。過去10年の傾向は以下の通りです。

先行馬が圧倒的有利です。マクリも良いですが、これはゴールドシップだけです。あの馬は例外と考えて良いでしょう。

 

最後に血統傾向です。

これも有名ですがステイゴールド産駒ハーツクライ産駒を買えば間違いないと言える程の成績です。ですが、他のサンデーサイレンス系の長距離系種牡馬も活躍しています。

ただディープインパクト産駒の成績はイマイチな成績です。

今回のメンバーで上位人気の推奨馬は

ガンコ(父父ステイゴールド)
クリンチャー(父ディープスカイ)
シュバルグラン(父ハーツクライ)
レインボーライン(父ステイゴールド)

想定オッズ4番人気以内であろう馬は全て条件を満たしていると言えます。血統的には優劣は付けにくい印象です。

そして穴馬では

カレンミロティック(父ハーツクライ)
サトノクロニクル(父ハーツクライ)
チェスナットコート(父ハーツクライ)
ピンポン(父ハーツクライ)

ここ辺りでしょう。さすがにピンポンは買えないですが‥‥

枠順次第になりますが現時点で狙ってみたい注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

今年のメンバーなら来てもおかしくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください