報知杯フィリーズレビュー2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は報知杯フィリーズレビュー2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では15番ゲート以降不利と判断しています。

上位人気馬の配置を見ると、まず3枠5番アウィルアウェイは基本的には差し馬。

最内枠でないのは幸いだが、欲を言えば中枠辺りが理想だったと思います。

 

次いで6枠12番キュールエサクラは先行も差しも経験済み。

極端な外枠でもないので問題ないでしょう。

 

次に6枠12番ホウオウカトリーヌは前走を除けば先行脚質で勝ち上がってきた馬。

この枠でも問題ないが、もう少し内目が良かったかもしれない。

 

最後に3枠6番プールヴィルは過去5戦は全て5番ゲート以内でそれなりの成績を上げているので、この枠順でも特に問題は無いでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

3枠5番 アウィルアウェイ(1100円)

6枠11 ホウオウカトリーヌ(900円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

牡馬混合戦での実績を考えるとアウィルアウェイは外せないです。

そしてホウオウカトリーヌは正直実力が微妙な感じがするんですが、重賞でも500万でも相手なりに走るという点でワイド向きだと判断しました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

勝っても人気にならない馬っていますよね。

血統も騎手も地味なので実績の割りに人気はソコソコ。

過去記事で書いた血統推奨馬とデータ推奨馬と枠順傾向で合致したのはこの馬だけ。

オッズも非常に妙味がるのでこの馬で勝負です!